明石

  • 印刷
マンションそばに現れた2匹のタヌキ=6月28日午前、明石市朝霧東町3(本田和男さん提供)
拡大
マンションそばに現れた2匹のタヌキ=6月28日午前、明石市朝霧東町3(本田和男さん提供)

 兵庫県明石市東部の市街地で春からタヌキの目撃情報が相次いでいる。カメラを向けても逃げず、愛らしいしぐさを見せるなど人に慣れた様子がうかがえるという。「どこから来たのだろう」と驚く一方で「新型コロナの影響で在宅時間が増え、前からすみ着いたタヌキに気づけたのかも」との声も聞かれる。(長沢伸一)

 同市朝霧東町3の空き地で6月下旬、近くのマンション住人がタヌキを見つけた。雑草が伸びた隣地からもう1匹が姿を現し、体を寄せ合ったり、毛繕いをしたりして仲むつまじい様子だったという。

 同じマンションに住み、2匹を写真に収めた本田和男さん(90)によると、体長はいずれも50~60センチ。別の日には日なたぼっこしている姿を見掛け、子どもたちも大喜びだったという。

 2002、15年にも近くで目撃情報があったといい、隣地の木が伐採された最近は姿を見せなくなっていた。写真が趣味の本田さんは「びっくりした。新型コロナで撮りにいけなかったので、タヌキが被写体になってくれた」と笑顔。「以前に出没したタヌキの一族ではないか」と推察する。

 同市上ノ丸1の平川充男さん(72)は4~6月に3回、自宅の庭で目撃した。昼間に現れ、えさを探すように動き回ったり、寝そべったり。体毛の違いから2匹と推測し、人に慣れたそぶりに「近くでしょっちゅううろうろしていたのを、仕事で家にいなかったので気づかなかっただけかも」と話す。朝霧東町のタヌキと同一かは不明。

 県森林動物研究センター(丹波市)の田口彰課長によると、市街地でタヌキが見つかる事例は珍しくないという。「市街地にタヌキはすんでいる。普段見つからないのは隠れているだけ」という。さらに「えさやりはやめて。えさがもらえると思って家に入ってくる恐れがある」と注意を呼び掛ける。

明石の最新
もっと見る

天気(8月5日)

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 22℃
  • 20%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

  • 38℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ