明石

  • 印刷
JR魚住駅に掲げられた横断幕=明石市魚住町中尾
拡大
JR魚住駅に掲げられた横断幕=明石市魚住町中尾

 春は2年連続、夏を合わせると4季連続になる明石商の甲子園出場決定で、兵庫県明石市内は再び歓喜に沸いた。明石商の最寄り駅となるJR魚住駅(魚住町中尾)では、出場決定を祝う横断幕が通路に掲げられ、乗降客らが見上げて喜んでいた。

 横断幕は「祝 市立明石商業高校 甲子園出場!」と書かれ、縦1・2メートル、横9・5メートル。市内の看板会社が設置作業を始めると、帰宅途中の高校生や買い物客らが早速スマートフォンで記念撮影していた。

 泉房穂市長は「ふるさと明石の代表としての誇りを胸に、市民に元気と感動を与えてくれることを期待します」と祝福した。

 井戸敏三県知事は「あこがれの甲子園で、元気兵庫の旋風が巻き起こることを期待します」とのコメントを寄せた。

 市内ではこの日、同高校舎にも垂れ幕が掲げられた。25日には、市役所(中崎1)と天文科学館(人丸町)でも横断幕が掲示される予定という。(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(4月2日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ