明石

  • 印刷
「障害はネガティブではない」と語る八十川さん=明石市内
「障害はネガティブではない」と語る八十川さん=明石市内

 目が見えない女性と耳が聞こえない男性の恋を描いた映画「夏の光、夏の音」を、明石市の映像作家、八十川勝さん(49)が製作した。障害者が登場する作品を多く手がける八十川さん。「健常者より障害者の能力が劣るなんておこがましい。ラブストーリーは人種や貧富の差、遠距離などの障壁を乗り越える。目や耳が不自由なのはそれと同じ」と力を込める。

 八十川さんは障害者の友人が多い。両目が見えなくても、調理器具や食材の場所さえ分かればコンロを使って調理をしたり、喫茶店でウエーターのアルバイトをしたりする話を聞き、「障害はすぐ隣にあるファンタジー」と捉えている。

明石の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ