明石

  • 印刷
明石市役所=明石市中崎1
拡大
明石市役所=明石市中崎1

 兵庫県明石市の生活福祉課にあった金庫から8月、保護費約203万円が紛失した問題で、消えた現金の中に、過払いを受けた受給者が返還した90万円が含まれていたことが分かった。返還金は納入され次第、速やかに金融機関に入金するよう同課の内規で定めており、これに違反した疑いがある。生活保護費を巡り、市のずさんな管理体制があらためて浮き彫りになった。

 神戸新聞社が入手した市の内部資料によると、紛失した203万7115円のうち、盗難発覚後に市が受給者9世帯に保護費として支給したのは計113万7115円だった。残り90万円について市に尋ねると、受給者1人からの返還金だったことを認めた。

 返還金は、生活保護法63条に基づき、受給者が資産を処分するなどして収入を得た場合、過払い分を返還してもらう制度。

 市によると今回は、生活保護の受給者が年金を申請した際、過去の数年分がまとめて支給された。このため、その間の保護費の一部を返さなければならなくなり、受給者が市に現金で90万円を納入した。

 市は約2カ月間、その現金を生活福祉課内の金庫で保管しており、その間に盗難に遭った。

 同課の内規では、返還金は金融機関などに「速やかに入金処理を行う」と定めている。課内の金庫で2カ月も保管していた理由について、市側は「処理に必要な書類がそろうのを待っていた」と説明している。

 紛失発覚後の8月に開いた会見で、市は紛失した現金について「すべて保護費」と説明していた。(小西隆久)

明石の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ