明石

  • 印刷
本番に向け、激しい動きで練習に励むダンスマジックのメンバー=神戸市西区
拡大
本番に向け、激しい動きで練習に励むダンスマジックのメンバー=神戸市西区

 全国のご当地グルメが明石公園(兵庫県明石市)と明石市役所周辺に集う「B-1グランプリin明石」の開催まで、きょうであと30日。2日間で約40万人と見込む来場者をもてなそうと、市民や関係者の準備も着々と進んでいる。開催日の11月23、24日は明石市民会館の大ホールでダンス公演、中ホールで人形劇などがあり、ダンサーらが練習に励んでいる。

 「B-1」開催日の23日夕方、同会館大ホールではダンス公演「NEW START~時~」が開かれる。

 劇団四季の元ダンサー蔡暁強さんを監督、演出に迎え、人が苦難を乗り越えて成長する姿を明石洋舞協会の10団体が表現する。

 二見や神戸市垂水区で練習している「ダンスマジック」からは19人が出演。メンバーは8月から週2回、市内外で練習している。

 出演は約4分半だが動きは激しい。主宰する吉永左知子さん(59)は「ダンスのテクニックよりも気持ちを表現できれば」と指導に力が入る。

 最年少で出演する吉川琴音さん(13)=神戸市垂水区=は「見ている方が頑張ろうと思えるような、躍動感あるダンスをしたい」と意気込む。永池くるみさん(21)=明石市魚住町=は「明石のダンスチームは絆が強い。明石ならではのパフォーマンスで舞台を盛り上げたい」と話す。

 公演は午後5時開演。SS席3千円、S席2500円、A席2千円。実行委員会(明石文化国際創生財団)TEL078・918・5085

 24日には明石子午線どんとこいまつり実行委員会主催によるよさこい踊りやダンスがある。正午から。無料。

     ◆

 同会館中ホールでは、23日に人形劇団京芸が「うみぼうやとうみぼうず」、24日はシルク・ドゥ・ソレイユのダンサーと一輪車の元世界チャンピオンの2人組「チィキィ*パークゥ」がコメディーサーカスを上演する。

 両日とも1日3回公演。1回300円。明石おやこ劇場TEL070・5045・8759

(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(12月7日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 11℃
  • 1℃
  • 30%

  • 10℃
  • 5℃
  • 30%

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ