社説

  • 印刷

 農林水産省の有識者会議が、和牛の受精卵や精液などの「遺伝資源」の保護強化に関する中間報告を了承した。海外流出を防止するために、悪質な取引に刑事罰を設けることを柱としている。農水省は、罰則などの詳細を詰め、関連法案の今国会への提出を目指す。

 但馬牛、神戸ビーフを頂点とする和牛は、世界に誇る日本固有の肉用牛である。その遺伝資源を守る仕組みがようやく示された。保護する制度がない今の無防備な状況を一刻も早く解消するため、新たな法律の整備を急ぐべきだ。

 中間報告では、多大な労力をかけた改良によって生み出された和牛の遺伝資源は「知的財産」の価値を有すると結論付けた。その価値を横取りして海外で増殖・生産する事態を放置すれば、国全体の畜産業に重大な影響を及ぼすとした。

 保護強化策では、受精卵や精液の不正入手や同意のない転売など悪質な事例に刑事罰を科す。不正に流通した遺伝資源と知りながら輸出した場合にも罰則を適用する。

 また、遺伝資源の悪用や輸出の差し止めを請求できる権利を設定し、損害賠償請求しやすいように、損害額の算定の目安を設ける。

 和牛の遺伝資源保護は、2018年に受精卵や精液が不正に中国に持ち出される事件を受けて、規制強化が議論されてきた。

 中国当局が持ち込みを拒否したために水際で流出を免れ、日本に持ち帰ったときに動物検疫所に申告してたまたま発覚した。

 運搬役の男2人と譲り渡した牧場経営者が有罪判決を受けているが、適用されたのは家畜伝染病予防法違反などだ。輸出先の国で伝染病が広がるのを防ぐ法律であり、不正な持ち出しを直接罰する法律がない中での苦肉の策だった。

 和牛の遺伝資源が保護されていない現状に問題があることは以前から指摘されてきた。米国やオーストラリア産の「WAGYU」は、過去に合法的に輸出された時代の和牛や精液から増産されてきた。肉質は和牛に劣るが、安さでアジアなどの市場を席巻している。

 近年、和牛人気が高まる中国には、すでに多くの遺伝資源を持ち込まれていて、海外流出が発覚したのは氷山の一角との指摘がある。

 高い価格で取引される和牛や精子が海外の業者に不正に渡ることを防ぐには、生産から流通、利用の各段階での管理強化も欠かせない。

 農水省は、今回の保護策強化を和牛輸出のさらなる拡大につなげたい考えだ。WAGYUとの差別化など、「本物」のブランド確立の方策にも力を入れていきたい。

社説の最新
もっと見る

天気(4月1日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 80%

  • 17℃
  • ---℃
  • 90%

  • 17℃
  • ---℃
  • 80%

  • 17℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ