日曜小論

  • 印刷

 「インスタグラムやっていますか?」 いいえ。

 「フェイスブックやっていますか?」 いいえ。

 「ツイッターやっていますか?」 いいえ。

 「LINE(ライン)やっていますか?」 いいえ。

 胸を張って言うことでもないが、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)と呼ばれるものの類いは、基本的にやっていない。たいていは、「公開するほどの生活を送っていなくて…」で逃れられるが、そうはいかないのがラインだ。

 プライベートのみならず、ビジネスツールとしても広がったから、始末に悪い。「便利な無料通信アプリとして多くの人が使っている」結果、今や立派なコミュニケーションインフラになった。使っていない私は、少数派の偏屈扱いだ。

 いっときクローズアップされた、メッセージを開封しても返信しない「既読スルー」、開封すらしない「未読スルー」問題は、どうなったのか。ずぼらだが、ずぼら印はありがたくない私は、読んだ、読まないをわざわざ目に見えてつまびらかにすることに、いまだまごついている。

 返信せずとも既・未読が相手に自動通知されるこの機能は、本来なら利点だ。だが、自分のリズムを許されないような。せかされるような。ラインと一心同体であることを強いられるような。

 技術の進展は往々にして豊かなる曖昧さを奪い、物事に白黒をつけようとする-。

 先日、こんなやりとりがあった。

 「ライン、まだやっていないの?」

 「別に、不便を感じていなくて…」

 「いやいや、相手が不便しているんじゃ?」

 観念して、多数派に投降することにした。

 ライン運営会社御中。どうか、スルーしないで。既・未読表示の在り方、ご一考いただけませんか。

日曜小論の最新

天気(2月26日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 50%

  • 10℃
  • 6℃
  • 60%

  • 14℃
  • 9℃
  • 60%

  • 13℃
  • 8℃
  • 50%

お知らせ